ヘム鉄と非ヘム鉄の違い|ヘム鉄が良いと言われる理由を解説しました

いざ貧血対策をはじめようと情報収集をしてみると、必ずヘム鉄が良いとの情報を目にすると思います。

なんとなくヘム鉄が良いと聞いたことはあっても、実際のその理由を答えられる方は少ないと思います。

 

こちらのページでは2種類の鉄分、ヘム鉄と非ヘム鉄の違いを分かりやすく解説しています。

こちらの記事を読み終われば貧血対策にはヘム鉄一択と言われる理由が理解できると思います。

ヘム鉄・非ヘム鉄は鉄分の種類の名称

鉄分は、様々な食品に含まれていますが動物性のヘム鉄植物性の非ヘム鉄の二つの種類があります。この2つの違いを知っておくとサプリメント選びだけでなく日常の貧血予防にも役立てることができます。
 

ヘム鉄

非ヘム鉄

含まれている食材 動物性食品 植物性食品
代表的な食材 レバー・赤身肉・魚類 大豆・野菜・海藻類
体内での吸収率 約30% 約5%
特徴 胃腸への負担が少ない 吸収率を高める成分が必要不可欠

ヘム鉄の吸収効率は非ヘム鉄の6倍!
ヘム鉄と非ヘム鉄は摂取したときの「吸収率」に大きな違いがあります。

ヘム鉄は非ヘム鉄の約6倍と体内での吸収率に大きな差があります。

そのため、鉄分を効果的に吸収するにはヘム鉄を摂取するのが理想です。

日本人の食生活は非ヘム鉄中心

日本人が毎日の食事から摂取する鉄分の約85%は非ヘム鉄からだと言われています。

他の海外諸国と比べて、日本人の貧血割合は圧倒的に高く貧血大国と揶揄されることも多くあります。

健康やダイエットのために野菜中心の生活を心がけることはとても大切です。

ですが、鉄分の視点から考えると野菜に偏り過ぎる食生活も実は考えものなのです。

ヘム鉄豊富な食材と非ヘム鉄豊富な食材を見てみよう

ヘム鉄は肉や魚・貝類等の動物性食品に、非ヘム鉄は野菜や豆・海藻等の植物性食品に多く含まれています。

ヘム鉄

非ヘム鉄

豚レバー 13.2r パセリ 7.5r
鶏レバー 9.0r 米みそ 4.3r
はまぐりの佃煮 7.2r 湯葉 3.6r
あゆ(燒)
5.5r
がんもどき 3.6r
しじみ 5.3r 納豆 3.3r

上記以外にも、あおのり・ひじき・きくらげ・煮干し等を乾燥したものにも多くの鉄分が含有されています。

鉄分は毎日の食事でカバーすることが理想ですが、忙しい、苦手な食材が多い、食べる量を増やしたくない、そのような方は健康補助食品のヘム鉄配合サプリを利用することがおすすめです。

ヘム鉄は非ヘム鉄に比べて胃腸障害が起こりづらい

ヘム鉄と非ヘム鉄は吸収時の体への負担にも違いがあり、ヘム鉄のほうが胃腸に優しく吐き気や胃の痛みなどの副作用が少ないことが分かっています。
  ヘム鉄 非ヘム鉄
形状 タンパク質に包まれている むき出し
胃腸へのダメージ 小さい 大きい
吸収阻害 受けづらい 受けやすい
副作用 少ない 多い
POINT

ヘム鉄は、吸収される際に胃壁や腸管にダメージを与えることがなく、お茶やコーヒーに含まれるタンニンや食物繊維等鉄分の吸収阻害をするといわれる成分の影響も受けません。

また、ヘム鉄分解酵素の働きにより過剰摂取の心配もなく身体に負担をかけずに効率よく鉄分を吸収できます。


ちなみに、一般的に病院で処方される鉄剤フェロミアやインクレミンシロップは非ヘム鉄が主成分です。

鉄剤から鉄分サプリに切り替えて副作用が落ち着く理由には、この鉄分の種類の違いが関係していたのです。

質の高い人気の鉄分サプリを使えば、過剰摂取も気にすることもなく1日の推奨摂取量を満たすことができますのでぜひお試しください。

貧血知らずの秘訣はヘム鉄を補うこと

非ヘム鉄にはない、ヘム鉄のメリットをもう一度まとめておきます。


非ヘム鉄中心の食生活を送った結果、女性の約7割が貧血を経験していたり、悩みを抱え続けています。

鉄分は数え切れないくらいある栄養素の中でTOP36に入るほど、補うことが難しい成分です。

補いづらい栄養素を支えることことサプリの存在意義ですので、貧血症状に悩みを抱える方はぜひ一度ヘム鉄配合の本物の鉄分サプリを利用してみてください。

おすすめのヘム鉄サプリはこちらのページにまとめていますのでぜひ参考にしてみてください。

→おすすめのヘム鉄サプリ