亜鉛サプリと貧血サプリの飲み合わせで副作用の心配はないの?

貧血が気になった時、積極的に摂取したい成分は貧血対策のサプリメントとも言える鉄分サプリだということはご存知の方が多いのではないでしょうか。同時に実は亜鉛もまた貧血と大きな関わりがあり、不足すると身体に様々な影響があります。

亜鉛が不足しがちな人は、鉄分も不足しがちと言わることも多く、共にミネラルに分類される両者は、食事による吸収率が悪く補うことが難しい成分です。

こちらのページでは、鉄分と亜鉛の違いや、亜鉛サプリについての解説、人気の亜鉛サプリなどを紹介しながら鉄分サプリと亜鉛サプリを比較しています。

現代人に必須の人気ミネラルサプリの違いを見てみましょう!

貧血サプリと亜鉛サプリの飲み合わせは相性が悪い

貧血対策のサプリメントと亜鉛サプリを飲んでいる人または購入を検討している人にとって気になるのが2つを同時に飲んでもよいのか?ということではないでしょうか。

サプリメントは薬ではないですから、併用したことで身体に害が生じるということはありません。

同時に飲むことで相乗効果で効果を高める良い効果を得ることもできますし、反対もあります。

しかし貧血サプリの代表格である鉄分とサプリと亜鉛サプリのケースでは、残念ながら同時に飲むのは好ましいとは言えません。

鉄分と亜鉛を同時に摂取しても、互いの吸収を妨げてしまい吸収効率が著しく下がってしまうことが分かっています。

亜鉛が腸管で吸収される際に鉄がそれを阻害し、鉄分が吸収される際も同様でそれぞれが吸収を邪魔しあってしまいます。

とはいえ、鉄も亜鉛も身体には必須のミネラルでどちらが欠けても問題があります。

両方をうまく摂取するにはどうすればよいのでしょうか?

亜鉛サプリを飲みながら貧血をカバーすることはできる?

まず、鉄分を摂取するベストなタイミングは食後1〜2時間後とされています。

理由としては食べた食事の成分による鉄分吸収率への影響を受けないようにするためです。

対して、亜鉛サプリは単独で摂取した場合に、同時に食べたものから影響を受けることが少ないとされています。

食事の際に摂取したビタミンCは亜鉛の吸収を高めてくれることから亜鉛サプリを飲むなら食事直前や食事と同時に摂取することがおすすめです。

食事の直前、または食事中に亜鉛サプリを摂り、食後2時間をおいて鉄分サプリを摂れば2つサプリのメリットを打ち消し合うことはなくなります。

また、鉄分・亜鉛サプリ両方ともお茶やコーヒー等に含まれるタンニンという成分が吸収を妨げることがわかっています。ですので、鉄分不足、亜鉛不足に悩みを抱えている方は出来る限りこれらの飲みものは避けるようにしましょう。

他にも、病院で処方されている薬やその他サプリメントが影響する場合がありますので、それぞれの飲み合わせについては医師や薬剤師に相談することをおすすめします。

今売れてる人気の亜鉛サプリをランキングでおさらい

亜鉛サプリと一言に言っても、鉄分サプリと同様に非常に多くの商品が販売されています。

まず始めに亜鉛サプリを求めるユーザーの期待に応えている人気の亜鉛サプリをランキング形式でご紹介していきます。

 

亜鉛サプリランキング

第1位

『贅沢亜鉛 牡蠣のチカラα』

贅沢亜鉛 牡蠣のチカラα

商品名贅沢亜鉛 牡蠣のチカラα
メーカー名株式会社grateful
通常価格5184円
定期購入価格または初回購入価格1058円(初回限定!毎月お得コース)
送料無料
1日辺りのコスト(30日換算)172円
スペシャル成分マカ・高麗人参
食生活が偏ってる!毎日元気に過ごしたい!朝からシャキっとしたい!など、忙しい現代人のなんだかスッキリしない身体の悩み。沢山ある牡蠣サプリメントでも亜鉛に着目して商品化したのが贅沢亜鉛牡蠣の力α。1袋には牡蠣181個分相当の亜鉛配合。まさに贅沢ですよね♪また、亜鉛の他にもマカと高麗人参も配合!これ一つで健康維持にバッチリ。毎日の健康管理に忙しい方にも手軽に続けることが可能です。また、牡蠣サプリメント特有の匂いによる飲みにくさも考慮して飲みやすいソフトカプセル採用♪安心安全な商品で健康を全面サポート!

 

亜鉛サプリランキング

第2位

『ミルク牡蠣サプリメント』

ミルク牡蠣サプリメント

商品名ミルク牡蠣サプリメント
メーカー名アスリート家族
通常価格8424円
定期購入価格または初回購入価格6480円(定期購入価格)
送料648円(定期購入は無料)
1日辺りのコスト(30日換算)280円
スペシャル成分鹿角霊芝・長命草・ローヤルゼリー
数ある牡蠣サプリメントの中でも特に有名で評判のアスリート家族のミルク牡蠣サプリメント!人気の秘密はその品質の良さ。一般的に牡蠣は栄養価が高く有効成分が豊富ですが、その牡蠣の中でも更に有効成分が豊富なミルク牡蠣という品種を使用。健康維持にどんな方にもピッタリなサプリメントです。ミルク牡蠣の他にも注目して欲しい成分が鹿角霊芝です。きのこの一種で漢方にも使用され、不老長寿の薬として用いられています。ミルク牡蠣と鹿角霊芝のタッグは健康増進に大活躍間違い無し♪老若男女、家族みんなで愛飲できそうです。続ければお得の定期コースは割引きだけでなく送料無料なのも嬉しいですよね。

 

亜鉛サプリランキング

第3位

『海乳EX』

海乳EX

商品名海乳EX
メーカー名健康サポートセンター
通常価格2052円
定期購入価格または初回購入価格980円(初回限定価格)
送料無料
1日辺りのコスト(30日換算)68円
スペシャル成分亜鉛・アミノ酸・グリコーゲン
健康サポートセンターの海乳EXには一袋に瀬戸内海産牡蠣を約155個使用。たった2粒に亜鉛12mgを配合しています。なんといっても魅力的なのがそのコスパ!牡蠣の有効成分もたっぷり配合されているのにこの価格。サプリメントは続けないと意味がない。でも続けるには金銭的にちょっと・・・と、思っている方でも、この価格なら無理なく続けて健康維持に役立てられそうですよね♪お得な定期コースなら更に安く続けられて、いつも傍にある安心感もゲット!定期コースはいつでも解約自由という優しさ。また、今なら定期コースの申し込みで水晶のブレスレットもプレゼント☆

 

亜鉛サプリランキング

第4位

『牡蠣プラスZ』

牡蠣プラスZ

商品名牡蠣プラスZ
メーカー名ウェルメイト
通常価格9720円
定期購入価格または初回購入価格7484円(初回限定価格)
送料無料
1日辺りのコスト(30日換算)324円
スペシャル成分牡蠣エキス・セサミン・クルクミン
ウェルメイトの牡蠣プラスZの一番の魅力は徹底した研究と徹底した管理の下商品化されているということ。数ある牡蠣サプリメントの中でも料金設定は高め。しかし、その内容と商品の安全性を考慮したら決して高くはないはず。牡蠣エキスの他にも健康食品でよく耳にするセサミン、ウコン有効成分のクルクミンなど厳選された有効成分をふんだんに配合しています。毎日口にするものだから、原材料にこだわって品質も間違いない物を選びたい!という方にピッタリです♪長く続けたい方やご家族で愛飲いたい方にお得なセットも☆

 

亜鉛サプリランキング

第5位

『プレミアムオイスター』

プレミアムオイスター

商品名プレミアムオイスター
メーカー名株式会社サプリパーク
通常価格5980円
定期購入価格または初回購入価格980円(初回特別価格)
送料無料
1日辺りのコスト(30日換算)199円
スペシャル成分亜鉛・クルクミン・オルニチン
プレミアムオイスターのサプリメントの形状は茶系タブレット状。摂取目安は1日2粒。こだわりの牡蠣は広島県産を使用。たった2粒で1日に必要な亜鉛が補える優れ物!亜鉛だけでなく鉄分・肝機能を助けるタウリン・アミノ酸など牡蠣の栄養が丸ごとギュッっと詰まったひと品です♪さらに、クルクミンやオルニチンなどの単体でもサプリメントとして大きな栄養素となる成分も贅沢に配合しているので、美容と健康のサポートもしっかりしてくれます☆手応え十分の贅沢な逸品です。93.9%のリピート率が品質の良さを物語っています♪

亜鉛サプリの効果と過剰摂取による副作用

亜鉛は私たちの身体の中の様々な大切な機能と関わりのある、欠くことのできない成分ですが体内で合成されることがないため、摂取は毎日の食事から行わなくてはならないという特徴がありますが、推奨されている摂取目安量男性12mg女性9mgに対して実際に食事から毎日摂取出来ている量は7〜9mg程度とされていますので、心がけないと亜鉛不足に陥りやすい状態に誰もがあるといえます。

妊娠・授乳中の女性は必要量が増えますので推奨量も多くなります。また尿や汗によって排出されやすく特にダイエット中や加齢によってその傾向が高まります。

亜鉛には抗酸化機能、アルコール分解機能、生殖機能、酵素の生成機能、タンパク質の合成や分解、免疫機能など多岐にわたる身体的な機能と関わりがあり、不足すると様々な身体の不調が表れます。

体内の亜鉛が不足することによって、以下の症状が表れることがあります。

味覚障害

亜鉛不足の症状として有名な症状で、味覚障害の半数が亜鉛不足由来のものとされています。

私たちが食べ物を食べた時に味蕾と呼ばれる舌に複数ある小さな器官で味を感じるのですが、亜鉛が不足するとその細胞の生まれ変わりがうまくいかなくなり味覚がおかしくなってしまいます。

亜鉛は食事からしか補うことができないのですが味覚障害の時は食べることが楽しくなくて食が細くなりがちでますます悪化してしまうというケースも多々あります。

そんな時に亜鉛サプリによって毎日の必要量を摂取することは効果的といえます。

貧血

貧血の原因といえば鉄分不足というイメージが強いのですが、亜鉛不足もまた貧血と大きく関わっています。

亜鉛はタンパク質の合成と深く関わりがあるのですが不足することでそれがうまくいかなくなります。

血液の中の赤血球膜の主成分はたんぱく質であり、赤血球膜が合成される際に亜鉛は重要な役割を果たしているのですが、亜鉛不足がが生じると合成不良の未熟なもろい赤血球膜が作られてしまいその結果として、赤血球が血液を通る際に壊れやすくなってしまいます。

赤血球には酸素を身体に運搬する働きがあるので壊れてしまうことで正常に働く数が減り、その結果貧血症状が発生してしまいます。
また最近では、不妊の要因として亜鉛不足があげられることが多くなってきています。

不妊治療に亜鉛??と最初はびっくりしましたが、そこにはちゃんとした理由があります。

女性側、男性側それぞれに影響があるとされており、私は不妊治療で過去に通院していた時に夫婦で亜鉛サプリの摂取を主治医より推奨されたことがあります。

亜鉛には女性ホルモンの分泌を高める働きがあり、亜鉛が不足することで排卵や卵胞の成長が遅くなったり、排卵のない無排卵月経の要因となったり、妊娠の準備段階として大切な子宮内膜を保つ働きが低下するなどの影響を受けることがあります。

身体が妊娠しづらい状態になることで不妊のリスクが高まります。

男性側の要因としては、亜鉛は男性ホルモンの生成に必要不可欠な栄養素です。

そのため、亜鉛が不足することで精子の数の減少や運動率の低下、無精子症、生殖機能障害などのリスクが高まります。

逆に亜鉛をしっかり補給すれば精子の量や運動量が増え前立腺の機能を向上させることもできます。

また亜鉛は、受精卵の細胞分裂(成長)にも深く関わっており、亜鉛不足により卵子の質が低下し、着床しずらくなってしまいます。

このような理由から妊活中は亜鉛不足が生じないように注意し、妊娠しやすい身体づくりを徹底する必要があります。

それ以外にも、成人では脱毛症、皮膚炎などが起こりますし、子供が不足すると成長阻害等の要因にもなります。

亜鉛不足の解消には亜鉛含有量の高い食品をとることが必須で、牡蠣や牛肉・豚レバー・煮干し・パルメザンチーズ・ごま・卵黄・高野豆腐等に多く含まれます。

また、摂取に関しては、上限目安量というものがあり、一日当たり30mgが上限とされています。

上限があるのはどうしてかというと過剰に摂取することで鉄や銅の体内での吸収を妨げてしまうので、鉄欠乏性貧血の原因となってしまうからです。

亜鉛は不足すると先ほど貧血の原因になるとご紹介しましたが多すぎても同様に貧血の原因となりますので適量をしっかりとることが重要です。

貧血対策に亜鉛サプリを飲んでも意味がない

では次に鉄分について見ていきます。

鉄分は、身体に酸素を届けるのに大切な働きをする赤血球のヘモグロビンが合成される際に必須な大切なミネラルです。

鉄分不足により体中に酸素を届ける役割をするヘモグロビンが減少することで、体内が酸素不足し酸欠状態となってしまいます。

その結果鉄欠乏性貧血となり、めまいやふらつき、倦怠感・動悸・息切れ・頭痛・爪がもろくなる・疲れやすくなる・・・などの貧血症状が発生するようになります。

貧血の原因は様々ありますが、8割程度が鉄分不足によるものです。

鉄分は、体内で作ることができず、汗や尿などからも常に排出されています。

また女性の場合、毎月の月経による大量の出血や、妊娠・出産により胎児に必要な鉄分を奪われることで、鉄分不足になりやすい環境が整ってしまっています。そのため、女性は特に積極的な鉄分摂取が必要と言えます。

鉄分豊富な食品として有名なのはレバーですが、レバーに関しては特に妊娠中の女性には注意すべき点があります。レバーに多く含まれるビタミンAは過剰に摂取すると胎児が奇形になるリスクが高まってしまうのです。妊娠中は貧血になりやすく、なんとか鉄分を補いたい反面、鉄分豊富なレバーを食べることができない、、、となると悩んでしまいますね。

そんな時には、厳選された成分を使ったサプリを試すのもよいでしょう。また、鉄分不足は急に起こるのではなく、毎日の積み重ねによって起こりますので、非妊娠時から鉄分が不足しないようにしっかりとサプリで補っておくことが妊娠中の胎児にも母体にもより理想的な環境といえます。

鉄分には大きく分けて2つの種類がありヘム鉄という肉や魚等動物性の食品に多く含まれるものと、非ヘム鉄という大豆や野菜等植物性の食品に含まれるものがあります。

鉄分は残念ながら他の栄養素と比較すると吸収率が悪く、ヘム鉄で10〜20%程度、非ヘム鉄で1〜6%程度しか吸収されません。

普段の食事において非ヘム鉄の占める割合の方がかなり高くなっており、摂取した鉄分は平均して10%ほどしか吸収されないのです。ですから鉄分は心がけないと不足しがちになってしまうんです。

ヘム鉄は、非ヘム鉄に比べて吸収がよいだけでなく、副作用も少ないとされています。非ヘム鉄には副作用として消化器系の症状があらわれることがあります。

病院で貧血の治療に処方される鉄剤(造血剤)は主成分が非ヘム鉄なのですが、投薬開始後成分が胃腸の粘膜を刺激することによって便秘や下痢、吐き気などの症状に悩まされる方がいます。

対してヘム鉄が主成分のものは副作用が起こりにくいです。

鉄分にもたくさんの種類がありますがヘム鉄由来のものと非ヘム鉄由来のものが混在しているのが現状です。鉄分を選ぶ際にはヘム鉄が主成分のものが胃腸にもやさしく吸収がよいので望ましいです。
また鉄分の吸収率は、ビタミンCを同時に摂取することで高まりますので同時にビタミンCもとるようこころがけましょう。

鉄分は不足しがちな成分ですが、過剰摂取は胃腸障害等の要因となりますので注意が必要となります。