ヘム鉄サプリを飲むと黒い便がでるのはどうして?

女性にとても多い鉄分不足による貧血の悩みですが、改善するために鉄分サプリを毎日飲んでいる方も多いのではないでしょうか?
鉄分が不足すると頭痛や立ちくらみ、倦怠感・疲れやすくなる・・・等、身体に様々な不調があらわれるのでそれを回避するためにも不足分を補うことはとても大切なことです。

ヘム鉄サプリを飲み続けている方の多くが、飲み始めてからちょっとびっくりするような経験をするのですがご存知でしょうか?

便の色が黒くなるのです。

健康な便の色は茶色や茶褐色です。ところが、ヘム鉄サプリを飲み始めてから便が黒くなることがことが多くありました。

そして皆さんの一番気になるところが黒い便が出ている状態は健康に何か悪影響はないのか?ということではないでしょうか。

今回は、ヘム鉄サプリを飲むことと黒色便の関係について様々な観点から解説していきたいと思います。

ヘム鉄サプリを飲んだらどうして便が黒くなるのか?

ヘム鉄サプリを飲むと便が黒くなるのはヘム鉄サプリによって摂取された高密度の鉄分の中で、吸収されなかったものが排出されるためです。つまり便を黒くしている正体は鉄分です。
ヘム鉄サプリを飲んだ経緯があり便が黒くなった場合は病気ではないので安心してください。ほとんどの場合この現象は一時的なものでヘム鉄サプリの摂取をやめることによって便の色も元に戻ります。

鉄分は体内に入ると腸管より吸収されますが、吸収率は非常に低いという特性を持っています。吸収力が低いために体内に取り入れた鉄分をすべて取り入れることができず余った鉄分は外に排出されて構造になっています。

その際に体内の鉄分が酸化して黒っぽい色に変色します。酸化し変色した鉄分が体内の食べ物のカス=便と混ざることで便の色自体が黒く変色したまま体外に排出されるというメカニズムになります。

ヘム鉄サプリは特に便が黒くなる?

高品質と呼ばれるヘム鉄サプリの絶対条件にヘム鉄の含有量が高いことがあげられますが、このヘム鉄サプリと非ヘム鉄メインのサプリではどちらが便が黒くなるのでしょうか?

文献やインターネットを使って調べてみた結果、ヘム鉄サプリと非ヘム鉄サプリでは、ヘム鉄サプリを飲んだ方が特に便が黒くなるとのことでした。

実際に私自身ヘム鉄サプリと吸収力が5分の1程度しかない非ヘム鉄のサプリ、両方のヘム鉄サプリを飲んできた経験上もハッキリと違いを感じています。非ヘム鉄サプリを飲んでいた時期に便が黒くなるということはなくヘム鉄を100%配合のヘム鉄サプリに切り替えたときから黒い便が出ることが多くなりました。

ヘム鉄サプリを飲んでも80〜90%の成分は排出されるとされており、その排出量も考慮したうえでヘム鉄サプリメントの一日の推奨摂取目安が算出されているそうです。言い換えれば身体がこれ以上は不必要と判断するほど多くの鉄分を吸収できるのがヘム鉄サプリです。

野菜を多く摂る日本人の食生活では非ヘム鉄の摂取割合の方が高くそのうちのわずか1%から6%しか吸収されません。普段の食事に非ヘム鉄サプリを追加しても便が黒くなるようなことはありません。これは、普段の食生活では身体にとって十分な鉄分量が摂取できていないことの裏返しとも言えます。

ヘム鉄サプリを飲んで便が黒くなることよりも、普段の食生活で便が黒くならないほど鉄分が足りていないことの方が実は問題なのです。便が黒いことは恥ずかしく感じてしまったり怖くなってしまうこともありますが、しっかりとヘム鉄サプリで補っていきたいものです。

鉄分が影響の黒い便とタール便の違いとは

繰り返しになりますが、ヘム鉄サプリの摂取によって便が黒くなる症状については一過性のものなので心配する必要はありません。

ただし、ヘム鉄サプリを飲んでいないのに便が黒いという場合には注意が必要となります。

便秘が長く続いていることで腸内の悪玉菌がたまり便が腐食して黒っぽくなっている場合も、便秘症状が改善されるとともに便は正常に戻るので心配がないのですが、問題はそれ以外の場合です。

胃や十二指腸からの出血が原因で発生する黒い便はタール便と呼ばれ重大な病気が隠れている可能性があります。

タール便とは聞き慣れない言葉ですが、道路を舗装する際に使われるコールタールのような黒い色の便であることがその名前の由来で、アスファルトのような黒い色と表現するとわかりやすいかもしれません。
別名黒色便とも呼ばれます。タール便と鉄分の影響による黒い便は似ていますが、タール便の方は悪臭が強いといった特徴もあります。

タール便になってしまっている状況は、胃や十二指腸からの出血が大量であることが考えられますので早急に病院で検査をする必要があります。