むずむず脚症候群の原因と対策、効果的なサプリをまとめました!

夜眠る時、とくに触っているわけでもないのに、足がむずむずしてなかなか眠れない

足がいたい、かゆい、ほてる、うずく、虫が這うような感覚がある・・・

こんな症状が現れているなら、むずむず脚症候群の可能性大です。

むずむず脚症候群は、別名レストレスレッグス症候群=RLSと呼ばれるれっきとした病気に該当します。

むずむず脚の原因は、まだハッキリとは解明されてはいませんが、鉄分不足を原因とする説が有力説として浮上しています。

むずむず脚症候群の症状は特徴的でわかりやすい

自分がむずむず脚症候群かわからない場合は、以下の項目をチェックしてみてください

むずむず脚症候群のチェックポイント

上記の4つがむずむず脚症候群の特徴的な症状と言われています。

特に足を動かしているときに症状があらわれないことがむずむず脚症候群のわかりやすい特徴になります。

この病気は適切な治療や対策をとってはじめて改善が見込まれる病気です。

有力とされる原因を正しく把握し、正しい対処をすることで悩みを改善することができます。

むずむず脚症候群の原因は有力説どまり

残念ながら、現代の医学ではむずむず脚症候群の原因はハッキリと解明されていません。

とはいえ、科学的、医学的な証明が完全にできていないだけで、原因の有力説は打ち出され、症状の改善効果もあらわれています。

むずむず脚症候群の原因のもっとも有力な原因説がドパミンの不足や機能低下です。

ドパミンとは?

3大神経伝達物質のひとつで、体の外から受けた刺激を神経細胞のニューロンに伝える役割をしています。

幸福感、やる気や意欲、気持ちよさに深く関わり、運動や睡眠などにも深く関わる働きをしています。

ちなみに、ドパミンとドーパミンは呼び方の違いで同じ物質です。

ドパミンは、運動や感覚の神経の興奮を抑制する働きも担っているため、ドパミンが不足することで外部刺激に対し過剰に反応することがむずむず脚症候群の症状の原因となっています。
ドパミンが不足する原因は?
ドパミンの不足は、遺伝、ストレスや不眠、加齢、栄養素の欠乏によって起こります。

栄養素の欠乏の起こりづらい45歳以前でむずむず脚症候群を発症している患者の3割は、家族内でもむずむず脚症候群が発症しているケースが多く遺伝性の強い病気であることが分かっております。

また近年では、40代以前の若い患者数が増えており、原因は食事制限による栄養不足の影響が疑われています。

なかでも、ドパミンの不足に密接に関係している鉄分は特に不足しがちな栄養素になります。

鉄分はドパミンの原料になる栄養素ですので、鉄分不足に悩みを抱える人数に比例してむずむず脚症候群の患者数も増加しているのです。

【放置は危険】症状が全身に転移することも

むずむず脚症候群の症状に自覚症状があるにも関わらず、そのうち治ると我慢をしていると症状部位の転移や他の病気のリスクが高まってしまうことが分かっています。

むずむず脚症状群を放置すると体の至るところに転移する可能性があります。


むずむず症状が足以外に広がった場合は、むずむず病と呼ばれるようになりますが、根本的な原因はむずむず脚症候群と同じだとされています。

むずむず脚症候群を放置することで全身に症状が転移する可能性もありますので、早めの対処をとるようにしてください。

【放置は危険】脳や心臓疾患のリスクが倍に!

むずむず脚症候群の症状があらわれている時は、交感神経の活動が優位になっているため脈拍や血圧の上昇傾向が見られます。

脈拍や血圧の上昇は、脳や心臓の疾患のリスクと直結しているため健常者に比べ疾患リスクが2倍に上昇します。

さらに、神経が興奮しているため不眠症を併発し、うつ病や不安障害などの精神疾患を発症するリスクも高まります。

むずむず脚症候群は、就寝時だけではなく日常生活の質QOLを著しく下げる要因に繋がるため、決して我慢せずできる範囲から対処をはじめてください。

今日から始めるむずむず脚症候群5つの対策

むずむず脚症候群の症状の解消や改善にぜひ取り入れて頂きたい対策を5つご紹介します。
1・ドパミンの不足を補う
2・マッサージ
3・危険因子を控える
4・湿布・カイロ等の活用
5・症状悪化の薬に注意
【重要】ドパミンの不足を補う

むずむず脚症候群の原因でもっとも多いとされるドパミンの不足を食事やサプリなどを使って改善することで症状が改善するケースが多々あります。

ドパミンの分泌を補うためにもっとも補うべき栄養素は鉄分です。

中でも肉や魚類の動物性食品に含まれるヘム鉄は、植物性食品と比べ約6倍の吸収率があります。(参考:ヘム鉄と非ヘム鉄の違い|ヘム鉄が良いと言われる理由を解説しました

ただし、鉄分は数ある栄養素の中でも補いづらい栄養素のTOP3に入っていますので食事だけで補うにも限界があります。

そのような場合は、厚生労働省が発表する鉄分の推奨摂取量を満たすことのできるヘム鉄配合の鉄分サプリを使うことが効果的にドパミンを補うことができます。

下記のページでヘム鉄メインのサプリのみを厳選して紹介していますので、鉄分サプリをむずむず脚症候群の対策として利用した方はぜひ参考にしてください。
また、鉄分以外の成分も同時に補うことのできるむずむず脚対策に特化したサプリとしてムズムズシラズもおすすめです。

初回価格 鉄分タイプ 容量 ユーザー満足度
3,850円 ヘム鉄 150粒 95.8%
吸収率の高いヘム鉄に加えて、鉄分と相性に良いビタミンCや葉酸を配合していおりバランスの良いサプリになっています。

15日間の返金保証がついている点もおすすめです。

ムズムズシラズのより詳しい情報は公式ページをご確認ください。

公式ページはこちらをクリック

マッサージ

むずむず脚症候群は、足の動作が静止している状態で症状が悪化します。

定期的にマッサージをして、筋肉をほぐすことで不快症状が緩和されることも多いため入念にマッサージを行なってください。

むずむず脚専用のマッサージクリームも発売されていますので、専用クリームを合わせて使用することでさらに効果を高めることができます。

HQLスムージングマッサージクリーム

専用マッサージクリームの詳細を見る


また、ウォーキングなど軽めの有酸素運動を日常生活に取り入れるよう心掛けるのも立派な対策になります。
危険因子を控える

コーヒーや、緑茶の中でも玉露に多く含まれるカフェインは覚醒作用があり、睡眠不足を助長させ眠りを浅くします。寝る前に飲むのは控えるのが望ましいです。アルコールタバコに含まれるニコチンも、体内で分解されるまでの間交感神経が刺激され眠りに影響を与えます。
湿布・カイロ等の活用

患部をあたためたり、逆に冷やしたりすることで症状が緩和することがあります

むずむず脚症候群を悪化させる薬に注意

抗うつ剤・抗ヒスタミン剤・抗精神病薬等精神系の薬はドパミンの伝達に影響を与え、悪化につながる可能性がありますので症状が強い場合はかかりつけの医師に相談してください

まずは、生活習慣を見直し、鉄分不足を解消するよう心掛けてみることがむずむず脚症候群の解消の近道です。

それでも症状が緩和しない場合は、投薬による積極的な治療が必要となります。

フェリチンの貯蔵量を下げないことから対策をはじめてみて!

ドパミンの減少にはフェリチン(体内に蓄えられている貯蔵鉄)が大きく関わりを持ちます。

むずむず脚症候群を診察では、血液中のフェリチン量の計測から始めることからも高い相関性を見て取ることができます。

鉄分不足によりフェリチンが使用されることで血液中の鉄分量は減少し、鉄を原料とするドパミンの合成が滞り、むずむず脚症候群の症状があらわれます。

一般的な日本人の食生活は85%が吸収率の低い非ヘム鉄中心です。

鉄分サプリやヘム鉄サプリは、そのような補いづらい栄養素を支えるために開発された商品ですので、ぜひ有効に活用してください。